2008年01月31日

FXで幸せになる

FXを行うに当たっては、人それぞれの生活のサイクルやライフスタイルがあり、それによって様々なFXの取引スタイルがあります。ですから、どれが「正しいFXのやり方」と言うものは、外からの情報だけでは決められないものです。しかし、重要なのは自分で、情報収集をし、基礎を学んで、デモトレードなどを体験し、そこで、自分に合ったFX投資のスタイルを、少しでも早く構築する事です。

ファンダメンタル分析が得意な人、政治経済に疎くファンダメンタル分析には自信がなくても、チャートから読み取るテクニカル分析に向いている人、それぞれ得意分野があると思います。初めから両方をばっちり満たせないから、利益を出して行くのは無理だろうなどと、思う必要はなく、FXには、どちらかだけでも利益を確実に上げている「ふつうのあなた」的な投資家の人もいます。経験を積むうちに、両方得意になるかも知れません。でも、それまでは、自分にどちらが向いているのかを、早めに知ることが大切なのです。

同じく、取引時間も(朝出勤前にする、夜家庭の事が一段落してからするなど)、取引期間も(短期取引か長期取引かなど)、投じる事のできる資金の額も、それぞれです。前回までにお話ししたように、はじめは、少額の余裕資金で、レバレッジは低めでFX取引を行い、自分の勝ちパターンを掴んでいきましょう。取引量を増やすのは、自分の投資スタイルと、勝ちパターンを掴んでからでも遅くはありません。

そしてFXでは、無理をしないという事は、とても大切な事です。実生活が上の空になるくらい没頭してしまうという事は、それだけ精神的なプレッシャーが高くなっている事を示しています。負けられない、稼がなきゃならない、資金にもうゆとりがない、今日もトレードをしなくてはならない、そういう気持ちで自分を追い詰める事が結局、負けをもたらし損を呼びます。冷静さを欠けば、正しい判断ができなくなることを肝に銘じ、FXにおける自分の投資スタイルと、ルールを確立し、それを守ること。夜、ひと通りの事が落ち着いてからFXをすると決めたけど、気になるから昼間からコンピューターにへばりついてしまった、などと決めたルールを変えないこと。そうしていくうちに、生活もFX取引においても、すべてのバランスが崩れ、大きなプレッシャーになり始めてしまいます。無理をしないこと、他の用事でFXをする時間が十分にとれなそうな日、気分や体調が優れない日、休んだ方が次のFX取引に良い影響を与えるでしょう。

そして、必ずFXの取り引きを自分がどのように行ったか、できるだけ詳しい記録をとり続け、常にどこが正しかったのか、どこが間違えだったのか、こういう時には、こうしておく方がいいだろう、こういう状況は前にも経験したなど、様々な事が自分で自分自身から学べるようにしておく事で、自分のFX取引を成長させて行く事も重要です。ただ、漠然と間だけを頼りにFXを続けていても、幸運など長続きするものではありません。根拠をしっかりと築くことが肝要です。

FXを始めるには、様々な不安があるでしょう。FX初心者のうちには、負けた時に、自分にはFXは向かないのではないか?このまま続けてていいのか?と言う気持ちに襲われる事も多々あるでしょう。そして、たとえ負けても、ああしておけばよかったんだ・・・などと、落ち込まない事です。ああしておけばよかった、と言う事は記録に書きとめる大切な要素ですが、凹むための材料ではありません。前向きに、良好な精神を保つことがFXの取り引きを続ける上では必要な事だと言う事を忘れずに。

そして、FXで稼ぐ、FXで儲ける、という言葉で頭がいっぱいになり入ってくるお金の事だけを考えてしまうようになると、思うように入って来ない時に、焦りが出ます。FXだけでなく、投資には必ず負ける時があります。それはどんなプロのトレーダーでも同じです。利益として入った分も、次のFX投資に回す方法もありますが、元本の額を決めておき、利益分は毎月引き出して、是非、一部を少し贅沢したり、自分に投資する為に遣って、心に栄養を与える事に使うようにしてみて下さい。気分をリフレッシュさせて、気持ちを切り替えるチャンスを自分にあげて、次のFX取引に向かうチャンスを、FXで得たお金でしてみましょう。そうして心に栄養を上げて、自分に投資した分だけ自信も付いてくるでしょう。その時に、FXが、お金を稼ぐだけではなく、自分を磨く為のものに変わっていくと、「稼ぐ」プレッシャーから解放されるでしょう。


【関連する記事】
posted by BWMLMJ at 12:21| 東京 ☀| FX雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。